米肌はトライアルから始めよう!一番お得に買う方法

KOSEから発売されている米肌ですが、試してみたい!と思っても、最初から本製品を買うのは勇気がいりますよね。米肌には「トライアルセット」が用意されていますので安心してください。

ただし、米肌はWEB限定のアイテムですので、トライアルセットに関しても薬局や店舗では販売されていません。さっそく米肌のトライアルセットの内容や注文方法についてご説明します。

↓米肌の詳細は公式サイトをご確認ください
https://shop.maihada.jp/

米肌トライアルセットの価格と注文方法について

米肌のトライアルセットは「楽天」と「KOSE公式サイト」の2箇所から購入が可能です。

楽天

楽天でもトライアルセットの購入が可能です。ただし、KOSEと正規に提携して販売しているのは「アットコスメショッピング」のみで、価格は定価です。税込1500円+送料540円となっていました。

それ以外の販売店は転売が目立ち、価格も安くはありませんでした。トライアルは公式限定のセットですので、転売品を購入しないようにしましょう。

公式サイト

楽天よりも公式サイトのほうが安いです。公式サイトでも税込1500円で購入できるのは同じですが、送料がかかりません。そのため、楽天のアットコスメショッピングから購入するよりも送料の分だけお得です。

●セット内容
・肌潤石鹸 15g
・肌潤化粧水 30ml
・肌潤改善エッセンス 12ml
・肌潤クリーム 10g
・肌潤化粧水マスク 1枚

5,956円相当がセットになっています。肌潤化粧水マスクは非売品ですからトライアルセットで試すか、米肌の本製品を購入した際についてくるポイントでしか手に入らないレアアイテムです。トライアルセットでぜひ試してみてくださいね。

>>【公式サイト】米肌のトライアルセットはこちら

「澄肌美白」のトライアルセットもある

米肌には美白セットもあります。余談ですが、澄肌は「すみはだ」と読みます。米肌は「まいはだ」、肌極は「はだきわみ」、ONE by KOSEは「ワンバイコーセー」、KOSEの化粧品は全体的に読みにくいです。しばらく米肌は「こめはだ」だと思ってましたし、今でも検索するときは「こめはだ」で変換してます。

●セット内容
・肌潤石鹸 15g
・澄肌美白化粧水 30ml
・澄肌美白エッセンス 12ml
・肌潤ジェルクリーム 10g

こちらも1500円で送料無料です。澄肌CCクリームや澄肌の日焼け止めジェルはセット内容に含まれていませんが、米肌の美白シリーズを試してみたい方にはおすすめのラインナップです。

米肌が初めてならベーシックがおすすめ

個人的な評価で申し訳ないのですが、初めて使うのであれば、美白シリーズよりもベーシック(保湿シリーズ)のほうがおすすめです。保湿シリーズと美白シリーズのセット内容は「肌潤石鹸」だけ共通していますが、それ以外は美白シリーズのほうが全体的にさっぱりしています。

特に違うのが「クリーム」です。保湿シリーズの「肌潤クリーム」のほうが重たいクリームで、保湿感があります。一般的なクリームよりも固めで最初は驚きましたが、水っぽくないところが私は一番気に入りました。

一方、美白シリーズの「肌潤ジェルクリーム」とある通り、一般的なオールインワンジェルのようなジェルクリームになっています。ここは好みが分かれるところなので、口コミを読んでいても「肌潤クリームは重ためで嫌」という感想の方もいます。

「最初は保湿シリーズ、気に入らなかったら美白シリーズ」というのが、個人的におすすめの購入方法です。

すぐに分かる!肌極・米肌・ワンバイコーセーの違い

米肌とワンバイコーセーの違いとは

「米肌(まいはだ)」にはライスパワーNo.11が高濃度で配合されているため人気があります。同じKOSE商品の「ONE by KOSE(ワンバイコーセー)」の美容液にもライスパワーNo.11が配合されていますので、ワンバイコーセーの代わりに米肌で使用感を確かめる方も多いんですよ。

米肌とワンバイコーセーは、有効成分としてライスパワーNo.11が高濃度で配合されている点は同じです。何が違うかというと、ワンバイコーセーは今のところ美容液しかないのに対し、米肌には化粧水や保湿クリームまでラインナップが豊富で、化粧品や保湿クリームにもライスパワーNo.11が高濃度で配合されています。

つまり「ライスパワーNo.11を試してみたい」「ワンバイコーセーの美容液を使ってみたいけど化粧水と乳液は何を使おう」とお考えの方には米肌がぴったりなんです。

米肌と肌極とは何が違うの?

KOSEからは「肌極(はだきわみ)」も発売されていますね。肌極もライスパワーNo.11配合で、しかも米肌やワンバイコーセーよりも安い価格で手に入るのが魅力です。ドラッグストアでお試しセットや洗顔パウダーなども販売されていてラインナップも豊富です。

ただし、高濃度で配合されているのは米肌とワンバイコーセーで、それに比べると肌極はライスパワーNo.11の配合量が少ないそうです。安さにはそのような秘密があったんですね。ライスパワーNo.11をたっぷり試したい人にはあまり向いていないかもしれません。

3つの商品の「違い」をまとめると

肌極

・価格は安い
・ドラッグストアでも買える
・ライスパワーNo.11の濃度が低い
・ラインナップ豊富
・お試しセットも豊富

米肌

・価格は高め
・通販のみ
・ライスパワーNo.11の濃度が高い
・ラインナップ豊富
・トライアルセットあり

ワンバイコーセー

・価格は高め
・ドラッグストアでも買える
・ライスパワーNo.11の濃度が高い
・美容液のみ
・トライアルなし(店舗に行けばテスターあり)
※現在は美容液のみですが2018年10月16日に「リンクレス」というリンクルクリームが新発売されます。