米肌

米肌と肌極の違いって?年齢肌を改善させるならどっち?

肌が乾燥するだけで様々な肌悩みを引き起こし、何もケアしないでいると少しずつ顔を吹けさせてしまうことに…

すぐに肌老化をストップさせるためにも、自分の肌に適した化粧品でスキンケアを行うおことが美肌への近道です。

人気化粧品の米肌と肌極はどちらもコーセーから販売されていますが、パッケージが似ているので何が違うのか分かりにくいですよね。

米肌と肌極にはどんな違いがあるのでしょうか?

対象年齢が違う?

米肌は20代後半以降の年齢肌が気になってきた方向けに販売されており、対象年齢はかなり幅広い年代となっています。

一方、肌極は20代〜30代前半を対象とした化粧品で、保湿成分は配合されていますが、エイジングケア成分はあまり含まれていません。

そのため、保湿だけでなく、エイジングケアも行っていきたいのであれば、肌極ではなく、米肌を使用されることをおすすめします。

配合されている成分の安全性について

年齢や肌悩みに合わせて使い分けることが大事ですが、成分効果だけでなく、安全性についても着目していきましょう。

米肌と肌極では配合されている成分について違いがあるのか調査してみると、肌極には鉱物油と香料が配合されていることが分かりました。

香りは爽やかなシトラスグリーンフローラルとなっており、化粧品独特の嫌な香りはしないのですが、香料が配合されているとなると、その分肌に負担がかかってしまいます。

また、鉱物油も同様に肌への負担がかかってしまうので、肌が弱い方だと肌トラブルをここしてしまう危険性も…

米肌は鉱物油や香料だけでなく、肌に負担がかかる成分は一切配合されていませんでした。

弱酸性で作られており、肌への負担を考えると敏感肌なら米肌を使ったほうがいいでしょう。

浸透力が高いのは米肌

成分効果をより発揮させるためにも、有効成分を肌の奥まで浸透させることが重要です。

実際に米肌と肌極の浸透力を確かめてみると、米肌のほうが圧倒的に肌極よりも浸透力が高いことが分かりました。

肌極はとろみがあり、ベタベタ感が残りやすいとレビューでも評価されています。

中まで浸透するのに時間がかかりやすいとなると、スキンケアは毎日のことなのでケアする時間もかかってしまうのも面倒ですよね。

焦って化粧品が浸透しきられないままメイクを行ってしまうとメイクよれやメイク崩れの原因にも。

米肌は塗った瞬間に肌の奥まで有効成分がどんどん浸透されていき、すぐに肌表面がサラサラとします。

逆にそれだと本当にこれで潤っているの?と心配される方もいますが、米肌は肌の内側から保湿&エイジングケアできるので、翌日には赤ちゃんのような柔らかい肌を実感することができるでしょう。

魅力的な自分になれる!スキンケアの大切さ

米肌も肌極もどちらも美肌になるためには効果的な化粧品ですが、ただ使うだけでは本来の効果を発揮することはできません。

使い方の手順を間違っていたり、正しい量でケアしていないと、いくら効果が高い化粧品を使っていても効果を順分に感じることはできないでしょう。

たかが肌、と思われる方もいると思いますが、肌が人に与える印象は強く、自分に合っている化粧品を使い、丁寧にスキンケアを行っている人は周りと比べても肌の透明感や清潔感、女性らしさが全く違ってきます。

まずは自分に合う化粧品を見つけることが大事ですが、それと同じくらい丁寧なスキンケアを心がけるようにしてくださいね。

米肌も極極も同じコーセーから販売されているとあり、信用性も高いですよね。

どちらも化粧品も魅力的ではありますが、自分の肌悩みや年齢を考え、どちらがより自分の肌悩みを解消してくれる化粧品なのか判断しましょう。