米肌

米肌の対象年齢は?コーセーに直接問い合わせてみた!

化粧品の多くは対象年齢をしていることが多く、対象年齢に合ったスキンケアを行うことで、より効果の実感力を高めることができます。

大手化粧品会社のコーセーから発売されている米肌はセラミドを増やすスキンケアとして美容雑誌にも多く掲載されており、口コミや情報サイトでも高く評価されていますよね。」

そんな米肌の対象年齢はどれくらいなのでしょうか?

米肌の対象年齢は幅広い?

いくら美容成分が豊富に配合したとしても、対象年齢から大きく外れていれば効果に物足りなさを感じてしまいますよね。

米肌の対象年齢は一体どれくらいなのか、直接コーセーに問い合わせて聞いてみました。

すると、「米肌はオールエイジ対象商品となっており、20代以降から使用することができます」との回答がありました。

20代でエイジングケア?と思われるかもしれませんが、確かに20代だとまだ肌表面にシワやたるみなどの老化のサインは出てくることは少ないです。

しかし、20代のうちから肌老化を起こさないためのケアを始めておくことで、30代以降になってもハリと潤い溢れる肌へと仕上げることができるのですね。

実際に米肌を使用している年代は?

米肌の対象年齢20〜50代とかなり幅広い年代で使用することができますが、実際に米肌を使用している年代で1番多いのは何歳くらいなのでしょうか?

米肌の愛用者の年齢について調べてみると、最も米肌を多く愛用している年代は30代ということが判明しました。

30代になると20代で感じなかった肌年齢を実感するようになり、エイジングケアを考えるようになることから米肌の愛用者が最も多い年代となるのでしょう。

最初のうちはメイクで何とかごまかしていても、どんどんメイクが厚塗りになってしまい、おばさん顔になってしまうことも…

米肌を使うことで肌の水分保持機能を改善し、透明感のあるツヤ肌へと導いてくれるので、年齢肌を感じたらすぐにでも米肌でエイジングケアを始めていきましょう。

10代から使うと逆効果?

できるだけ肌を老けさせたくない!と10代から米肌を使いたいといった声も多くあがっているのですが、10代だと米肌の対象年齢から外れているのに、効果はあるのでしょうか?

早くから始めれば始めるほど良いイメージがあるエイジングケアですが、10代だとまだ細胞機能は低下しておらず、エイジングケア成分を吸収したとしてもほとんど効果をもたらすことができません。

逆に10代のうちから米肌を使ってしまうと、成分過多となってしまい、肌トラブルを起こしてしまうことも…

米肌は20代以降の年齢肌が気になってきた方向けの化粧品なので、10代であれば同じコーセーから発売されている肌極を使用されることをおすすめします。

肌極は保湿重視のスキンケア化粧品となっており、対象年齢は20代〜30代前半とされていますが、10代からスキンケアにも使用できます。

自ら潤いを作りだす肌に!

肌の潤いの根源であるセラミドを増やすことで、肌の内側から水分保持機能を改善し、理想の肌へと近づくことができるでしょう。

米肌には日本で唯一水分保持機能改善効果が認められたライスパワーNo11が配合されており、年齢を重ねたことにより肌悩みを解消し、明るく健やかな素肌へと変えることができます。

米肌は対象年齢が幅広いので、20代以降からのエイジングケアにはぴったりの化粧品ですよね。

米肌の対象年齢は20代以降の肌は年齢が気になった時から使い始めることができます。

最近では肌表面を潤わせるだけの化粧品が多いですが、それだと根本的に乾燥や年齢肌を改善することはできません。

米肌で肌の内側から肌細胞を活性化させ、濃縮感のある潤いを肌の奥まで届けていきましょう。